うつ・ノイローゼ

誰も教えてくれない!うつ・ノイローゼを本当に治すための5ステップ

誰も教えてくれない!うつ・ノイローゼを本当に治すためのステップ1:まずは、「行動」を強制的に変えてみましょう!

うつ・ノイローゼ状態というのは、

  • 自分なんて、なにやってももうだめだ
  • なにもやりたくない
  • どうしたらいいのかもわからない

こんな精神状態であると思います。

できるものからで良いので、気持ちに反しても強制的に良いと言われる行動をしてみることが初めの一歩と言えるでしょう。

リセット的行動

断捨離・断食など

体内を整えて 上げる行動

朝に日光を浴びる・散歩をする・温浴をする・ヨガをする

メンタルを整えて上げる行動

口に出す言葉を変える・瞑想をする

少し行動ができただけでも、「自信」につながります。

それは、自己高揚動機にもつながります。

自己啓発系の本を読むだけでも、気分がものすごく上がりやすいです!

自己啓発本50冊から学ぶメンタルセオリー

誰も教えてくれない!うつ・ノイローゼを本当に治すためのステップ2:自分の感情をときどき整理してみましょう!

これは、紙に書いたり、スマホのメモ帳に入力するのをおすすめします。

後から見返す日記ような形ではなく、頭の整理をするために書くだけであり、書いたらもう二度と見なくて捨ててしまって構いません。

書く内容は

  • 自分が快・不快の感情を持った出来事は、それぞれ何であったか?
  • なにがつらいのか?
  • 周りの人たちへの考えや思うこと

実は、うつ・ノイローゼ状態のときは、自分の感情をまずははっきりと自覚することから始まります。

誰も教えてくれない!うつ・ノイローゼを本当に治すためのステップ3: イエスマンを1人見つけてみましょう!

自宅があって自分の部屋があれば、物理的な自分の居場所というのはあります。

ただ、「社会的な居場所」というのは、精神的な居場所で、他人と自分の感情の狭間にそれは存在します。

お互いに何らかの「YES」が言い合えるような関係です。

それは、挨拶だけの場合もあれば、世間話で笑いあえたり、話を聞いてもらえたり、親友や恋人のような親密に肯定し合える関係もあります。

ひとまずは、どんな関係性でも良いので「お互いに肯定的」な感情を出し合える関係性をひとつ作れたらラッキーです♪

周りにそういった存在が見当たらない場合や、身近な人に知られたくない場合などは、心理カウンセラーを利用してみてください!

誰も教えてくれない!うつ・ノイローゼを本当に治すためのステップ4: 他人の行動の仕組みについて考えてみましょう!

たとえば

  • 相手の話していることが自分勝手だと感じる場面
  • 相手の話していることに共感ができない場面
  • 相手のお願いを引き受けられない場面
  • 自分の気持ちや要望が相手に通らない場面

こういった場面にうまく対処していく必要があります。

他人の言動の根本が理解ができると、そこまで感情的に揺さぶられなくなるでしょう。

他人の行動を理解するためのカギ

  • 共感は、立場や欲求の一致であること
  • 相手の立場や欲求とはなにか?
  • 逆にこちらが守りたい自尊心や立場とは?

他人と対立しない、自分が落ち込まないためのカギ

  • 相手にもこちらにも悪くない綺麗な断り方をする
  • 自分の役割について再度考えてみる

実は、うつ・ノイローゼになりやすい人というのは、相手の欲求に飲まれてしまっていることが多いかもしれません。

きちんと断ることも必要になってきます。

なぜなら、他人はちがう立場の人のことを理解したり、認めたりはしないからです。

誰も教えてくれない!うつ・ノイローゼを本当に治すためのステップ5: 自分の気持ち・欲求を整理してみましょう!

ある程度、行動も変えられてきて、感情の整理、他人への理解も深めてくると、自分の言動が自然と変わってくるはずです。

以前よりも、明るくなれたり、自信が持てたりしています。

さらに、自分のやりたい仕事や生活を模索するために、

  • 自分がほしいもの
  • 自分がほしくないもの

を日頃から少しずつ精査していきましょう。

うつ・ノイローゼを本当に治すためにはまず、「自分はこれからは幸せになる」ことを心に決めることから始まるのです!

-うつ・ノイローゼ
-, ,